FC2ブログ
2010.06.03

「電力の鬼」松永安左衛門の庭をみて吉田茂が大したことない庭だと言って帰った後、松永は「庭は五十年後を想像しながら見るものだ」といったという逸話があるが、私はこの話が好きだ。芝居の現場(稽古場)でもこの感覚と目の前で起きている現象とを突き合わせながら目指すところを見つけていくというのが私の好きな作業だ。想像を超える花が咲くこともあるし、そのまま枯れる枝もある。そんな私の”五十年後”があと一週間後に来る。ルドルフ「授業」みなさま、私の庭を見に来てください。
スポンサーサイト



Posted at 23:19 | 未分類 | COM(1) | TB(0) |